2014年12月アーカイブ

スマートフォンというツールは、本当に機能が充実していると思います。初めてスマートフォンを使った時の感動は、今なお記憶に新しいですね。パソコンに匹敵する事の機能を持っているあのモバイル媒体は、色々な事ができるからです。
そして車買取の業者も、そのツールを積極的に用いています。出張に来てくれた車の査定士が、スマートフォンを操作している事も非常に多いですね。

ところでそのスマートフォンを用いたツールの1つに、IESがあります。IESの機能は非常に充実していて、必要情報を入力するだけで査定のための重要情報を得る事ができるのです。それを活用すれば、ある程度車の金額は分かってしまうでしょう。
ところで、そのIESというツールを用いれば一般個人の方でも車の金額を知る事はできるのでしょうか。
知る事はできると思います。ただ費用の問題がありますね。

そのツールは、最初の1ヶ月のみは無料になるのだそうです。しかし2ヶ月目以降は、費用がかかる事になります。
であれば最初の1ヶ月でそのツールを用いて車の査定額を知る事ができるかというと、個人の場合はそれは少々困難だと思いますね。というのもあのツールは、そもそも査定に関する基礎知識が必要になるのです。全く車の知識が無い方の場合は、ちょっとあのツールを使いこなすのは難しいと思います。

それと、恐らく申し込みの段階で弾かれます。IESというツールを用いる為にはそれを提供している業者に対する申し込みが必要になるのですが、その際に会社名を入力しなければなりません。個人名ではありませんね。そのツールは法人専用に提供されているものになりますので、恐らく申し込みをお断りされてしまうでしょう。

ですので一般個人の方が、IESというツールを用いるのは困難です。しかし、いずれはIESに似た個人向けのツールも提供されるようになると思います。何せ技術の進歩は、目覚しいものがありますね。個人向けのツールもいずれ提供されて、さらに人々の車の売却がやりやすくなるように思えてなりません。

人々は車を売る際に、税理士に相談している事も多いと思います。なぜなら自動車の売却は、しばしば税金の問題が絡んでくるからです。
まずもっとも身近な税金ですが、自動車税ですね。自動車を持っている限り、その税金は確実に発生します

ところで人によってはその税金に関する状況が、やや複雑になっている事もあるのです。税金の滞納が原因で、車売却に関する迷いをお持ちの方もいらっしゃるそうです。このような時には、車の売却に関して誰か専門家に相談したいと思う事もあるでしょう。そして税理士は、もちろん税金の専門家ですね。ですので車を売る前に、税理士に相談している方もいらっしゃると思います。

しかし私は個人的には、むしろ法人が車を売る時にその専門家に相談をしている事が多いと思います。なぜなら法人の場合は、経理がかなり複雑だからです。

例えば法人の場合は減価償却という問題があって、その際の計算がかなり複雑です。車を売却する際にも、減価償却に伴う税金の問題を考えなければならない事もあります。しかも複数台数の車を売却するとなると、なおさら計算が複雑になるでしょう。法人の場合は、複数台の車を保有している事も珍しくありませんね。

ですので法人が車を売る際には、やはり税金の専門家に相談をしている事は多いと思います。計算がかなり複雑ですので、税理士に計算の代行を依頼している企業もあるでしょう。

このように車売却という手続きは税金に関する問題が色々生じますので、税理士に対する相談が行われるケースも決して珍しくないと思います。もっとも税理士に相談をするとなると、費用はかかりますね。しかし相談をする方が、手間と時間を節約できる事も多いです。車売却の際に税金で悩んでいる時などは、思い切って相談をしてみるのも1つの方法でしょう。